雨のでもダイビングを楽しめる

ダイビングと言えば、さんさんと輝く日差しの下で海の中に潜るというイメージがありますが。ダイビングはある程度の雨の中でもできるんです。

雨の影響をほとんど受けない

なぜなら、ダイビングをしていたらどうせ濡れてしまうので、対して差が無く。

それにダイビングは水の中で行うので雨の影響をほとんど受けません。

しかし、そんな雨の日のダイビングでもいくつか注意しなければならないことがあります。
まず、雨の日のダイビングは海のコンディションをチェックしなければいけません。

天候に注意

小雨程度なら問題はありませんが、大雨になったり。海が荒れてきたりしたら遭難したり、漂流してしまう危険性があります。

小雨程度なら問題がありませんが、海のコンディションを確認しながら中止をするか、しないかを確認しましょう。

また、透明度の高い海の場合でも、近くに川がある場合は透明度が下がってしまうこともあります。

これは川から砂や、泥が流れてくるからで視界が悪くなると仲間と離れてしまうこともあるので、水中ライトなどを準備するようにしましょう。

それに普段はなんてことがない場所でも、雨が降ることで滑りやすくなってしまうこともあるので、雨の日には特に足元に気をつけるようにしてください。

[PR]青の洞窟ダイビング 沖縄に行ったら、是非楽しんでもらいところ。体験ダイビングもあります。
http://blue-cave.com/

沖縄へ旅行するならマリンレジャーが楽しい

沖縄旅行へ飛行機で行くと九州を過ぎたあたりから海の色が変わってきます。

マリンブルーと言う言葉がピッタリだと思うほど綺麗な海です。

飛行場に着陸するまで綺麗な海を眺めていると沖縄へ着いたと実感することができます。

宿泊したホテルに隣接したビーチがあるところは便利です。

部屋で水着に着替えてビーチまで行き遊び終わると水着のまま部屋まで行きシャワーを浴びれるからです。

沖縄に来たら海の中を見たいと思います。

簡単なのがシュノーケルです。

免許や資格も必要ありませんし深く潜らなくてもいいからです。

沖縄の海は綺麗なので深く潜らなくても海底まで見ることができます。

また、シーウォークと言って海底を歩き魚に餌をあげる体験もできます。

船で水深が5メートルくらいの場所まで移動して、船についているはしごでゆっくりと海底まで下りていきます。

体験者は頭に宇宙飛行士がかぶるようなヘルメットをつけていてパイプから酸素が送られてきます。

ですので、酸素ボンベをしなくても地上と同じように呼吸ができます。

また、そのヘルメットが重りになり体が浮いたりしないので海底を歩くことができます。

そして、魚肉ソーセージを手の指でこすったり手のひらにおいたりすると魚が集まってきて食べてくれます。

海の上ではバナナボートに乗りモーターボートで引っ張ってもらう遊びやパラシュートのような乗り物を船で引っ張ってもらう遊びがあります。

沖縄には楽しいマリンレジャーがたくさんあります。